捏ねないパンの元レシピ

アメリカの1カップは日本の1カップと量が違うけど、割と適当でもどうにかなるレシピなので、大体大丈夫。

中力粉 3カップ
水 1と5/8カップ
イースト 小さじ1/4
塩 小さじ1と1/4

混ぜる。
そのままラップして最低12~18時間、室温で寝かす。

引っ付かないように粉振りつつ、生地を軽く折りたたみつつまとめる。
またラップして15分待つ。

ボールの中に入れ、布を被せ、2時間ほど二次発酵。
大体2倍の大きさになる。

オーブンで鋳物鍋ごと230度で余熱。
(土鍋でもパイレックスでも何でもいいけど、蓋出来て丸ごとオーブンに突っ込めること。取っ手が木やプラスチックだとダメ。)
ヤケドしないように鍋に生地を突っ込んで蓋をして、30分程焼く。
色付けの為に、蓋を取ってさらに15~30分程焼くとよろし。

これで、デパートで買おうものなら、1ホールで1000円超えそうなカンパーニュちっくなパンの出来上がり。

元レシピは中力粉だけど、全部強力粉でも何の問題も無し。
半分をライ麦にしたり、全粒粉にしても何の問題も無し。
日本のカップでやるなら塩は小さじ1に減らしていいと思う。

英語的にいうととっても「forgiving」なレシピなので、1次発酵も2次発酵も時間適当で大丈夫。今まで失敗した試し無し。

Here is one of the most popular recipes The Times has ever published, courtesy of Jim Lahey, owner of Sullivan Street Bakery It requires no kneading It uses no special ingredients, equipment or techniques

情報源: No-Knead Bread Recipe – NYT Cooking

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ